タイの野菜混ぜご飯「カオヤム」は日本でも受けそう

5b1dc93f93997cdec2acac4ddff8f731_67c97308953c34df195515969a96e258

タイ料理はたくさんたくさん食べてきたつもりでも、実際に住んでみると、知らない料理、見たこともない料理が山ほどあります。

その中で、「お、これは日本でもかなーり受けそう」と思ったのがカオヤム。

カオはご飯、ヤムは和えるという意味で、タイ南部地方を代表する混ぜご飯です。お皿の中央にご飯があって、周囲に配置されているのは多種類の野菜やハーブ。これに、ナーム・ブードゥーという魚介系発酵調味料をかけ、ご飯と具をまぜまぜしていただきます。これがうまい!!

初めて食べたのは、セントラルエンバシーのフードコートEATHAIでした。具は、コブミカンの葉、レモングラス、ポメロ(ザボンのような果物の実)、モヤシ、いんげん、きゅうりのほか、ムーヨンという、日本の「デンブ」のような具も。絞ってかけるライムも添えられておりまして、もう見た目もいいけど、味も最高。こんな美味しいタイ料理があったなんてと、目が覚める思いでしたよ。

以来、フードコートやタイ料理の店に行くたびに、「カオヤム」はないか、と探しまわっているのですが、意外にない。見つけたのが、Kヴィレッジにあるタイ料理店、Yum&Tum

 b691f5d9a71aaabf38d89dd4bba3bb4f_dfc4af8b0788dcbbf4f3ebabe1347c6e

EATHAIのカオヤムと比べると、具はほぼ同じであるものの、タレが違う。こちらの方が濃厚なタレでした。また、ムーヨンもこちら方が甘かったし、ボリュームも大。Yum&Tumも悪くはないけど。個人的には、具もタレも見た目も、EATHAIに軍配をあげたいな。

このカオヤム、日本にあるタイ料理店の中にはメニューに取り入れているところもあるようなのですが、まだまだ少ないようです。でもね、これ、かなり日本人受けする気がするんですよ、特に女性に。理由は–

  1. まず見た目がgood
  2. 混ぜて食べる楽しさがある
  3. ハーブをたくさん使っているのでヘルシー感満載
  4. カフェご飯にぴったり
  5. 具が多いので、ごはん小量でも満腹感が得られる

タイ料理好きの日本人は多いのですが、ヘルシー感という点ではベトナム料理の方が優っているように思います(実態がそうだというのではなく、イメージ的に)。その点、ハーブや野菜をたくさん用いているカオヤムはヘルシーで、いかにも美容に良さそう。まさに女性向き。タコライスがカフェごはんとして人気なら、カオヤムだって受けるでしょう、というのが私の意見。

問題はタレでしょうか。魚介系の発酵調味料なので、クセがある。苦手な人も多いかもしれません。クセを少なくしたタレと本場のタレを2種類つけて「召し上がれ」というスタイルならいいのでは。でも、タイ料理もベトナム料理も女性ファンは多いので、実は本場のタレそのものを出しても問題ないのかもしれません。

いずれにしても、カオヤムにすっかりはまってしまったので、これからもカオヤム探しの日々は続きそう。今度は、南部料理の専門店にも足を運ぶつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です