タイ生まれの靴ブランド、MUZINAにエールを送りたい!

5d2f6f63f2159aeaa5c89c40ecc66be7_9bdefa150bbcb39451cff5b18933f126

バンコク在住の女性、とりわけ駐妻さんの間で人気の靴ブランド、MUZINA。ヒールの高さやアッパーの革の種類、ストラップの色など細かくカスタマイズできるMUZINAの靴は、タイのモードなブランドとのコラボも多く、間違いなくタイのファッションシーンを盛り上げている一員です。

以前、靴とバッグの専門誌「フットウエアプレス」で取材させてもらいました(この記事)が、アソークの交差点からほど近い、とは思えないほど静かなエリアの一軒家ショップを最初に見たときにはちょっとびっくり。

16dd5f376ec0a93da1f4a651dfccd9df_53f006e4461c16eeba7902e85816112f

タイにもこういうお店があるんだー。

それが素直な感想でした。こちらの一軒家には美容室も同居していて、取材時には休業中でしたがカフェも併設されてました。

とりわけ印象的だったのが、一軒家の上には靴の職人の親方が同居していて、店主のお子さんのケアをしているいう話。自分の子どもも他人の子どもも関係なく、いっしょに可愛がって面倒を見るタイならではの一軒家ショップ。プリミティブな地域共助型ショップといえばいいのかな。東京にも一軒家ショップはたくさんあるけれど、こうした職人同居型はあまり例がないのでは!?

MUZINAの方に聞いたお話では、最近、バンコクではこうしたお店(大きな商業施設の中ではなく、その地域に溶け込むような形の小規模店舗)が増えているとのこと。実際、こちらで暮らすうちに、その変化を私も少し感じるようになりました。大きな通りではなく、ちょっと路地を入ってみると、思わぬ楽しい空間が広がっているーー。そんな店は確かに増えているように思います。

でも、残念なことにアソークにあったMUZINAのお店は事情により3月末で閉店。いま、お店として利用できる一軒家を探しているそうです。

取材を機会にオーダーした私の靴は、お店がなくなってしまったので、なんとわざわざ家まで届けてもらいました(ちなみに納期は1ヶ月ちょっと)。それが上の画像のサンダルです。

革の「艶」がとても好み。染色もいいです。タイの靴作りの技術を侮ることなかれ。何より履きやすいんですよ。細かくフィッティングしてもらったので、足に馴染みます。カスタマイズして価格は3290バーツ。これは、非常に割安感があります。 41c386b331f2bc8a31b0c08d11367cbc_fdee05e01544d5a4544c99fe285264b9

バックから撮ってみました。かかとを包むこのデザインがお気に入り。履いてお出かけするのが楽しみです。MUZINAのファンは、1足作ると、次々にリピートして作りたくなるーーとは聞いていましたが、ホント、その通りだわ。くせになりそう。

ぜひぜひ、良い物件を見つけて、またあのゆったりと靴選びができる空間を再現してほしい。MUZINAの今後にエールを送ります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です