世界で水道水が飲める国はどれだけある?

スクリーンショット 2016-02-13 19.58.16
赤は水道水が飲めない国、青は飲める国

タイは水道水が飲めません。はっきりいってカビ臭い。

我が家ではずっとミネラルウォーターを購入してきましたが、ついに浄水器を設置することにしました。

ついでに、バスルームには軟水器もつけます。というのは、タイの水は硬水のため、髪の毛がばりばりにごわついてしまうから。なんだか皮膚におできができがちな気もするし。これで一気に解決ーといきたいものです。

でも、こんな風に水道水がそのまま飲めない国は別にタイだけではありません。いや、飲める国の方が少数派。それがよくわかるインフォグラフィックスを見つけました。これです。

この図を見ると、水道水が飲める=先進国、と考えてもほぼ間違いなさそう。その段でいけば、ギリシャも立派な先進国なのでした。

驚くのが南米とアフリカ。水道水が飲める国は皆無。南アフリカでさえ飲めやしない。

アジア・オセアニアで飲める国は、日本、韓国、香港、オーストラリア、ニュージーランド、それからインドネシア。最後のインドネシアはちょっと意外な結果でした。

話を自宅の浄水器に戻すと、取り付けにくるのは来週です。これからは、ランニングコストがかかるとはいえ、もうミネラルウォーターを買いに行く手間が要らなくなるかと思うと、本当に楽。早くつければよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です