久々にカオヤム。EATHAIの賑わいの中でいただきました

c306dbcfa88777974f3d5995ccab7009_878314c3c1a11dc9dd482efe38269203

前にも書きましたが、数あるタイ料理の中でもカオヤムはかなりのお気に入り。なんて表現すればいいのでしょうか。タイ南部地方のご飯と野菜とハーブのサラダ? ハーブ混ぜご飯? ともかく、見た目がきれいだし、そう辛くないし、でヘルシーで美味しくて、タイ料理の雰囲気も感じられる料理です。

今日は久しぶりにセントラルエンバシーのフードコートEATHAIに行き、カオヤムをいただきました。前に行った時には南部料理のブースが閉じられていたので「もうEATHAIのカオヤムが食べられない!」と嘆いていたのですが、今日見たら「あれ?復活?」。

56d7124598e8f0756f73d325bce9c3bc_c7d4a7dcbb5fec8829009678ffe269a9

 しかも、ブースの前にテーブルを置いてそこで料理してくれるじゃないですか。早速頼むと、目の前でカオヤムを混ぜ混ぜしてくれました。これは初めての体験です。
05d56585cd17bce1c50977eaced8e9d0_55477d21ce4ebf965b80cbb9feee14e3

はい、できあがりです。1皿110バーツ也。自分でタレを調節できないのがちょっと残念でしたが、味付けには満足。ちょうどよかった。

このカオヤム。東京の友だちが「こっちでも食べたい!」と言って探しているらしいのですが、見つからないらしいです。バンコクでもカオヤムを出している店ってそうそうはないので、仕方ない気もするけれど、日本でこそ受けそうなメニューなんだけどな。女子受けの良いベトナム料理にも勝てそうなタイ料理の筆頭だよ。

ac233bde5fc820aea827539b6400e275_8db616f17dedce91be819a2726f756b7

いつ来てもセントラルエンバシーはガラガラですが、このフードコートだけは異世界のように賑わってます(あとは2FのPAULとか)。やっぱりコンセプトが良いからでしょう。タイの北部、東北部、南部など地域ごとにブースを分けているので、観光客には勉強になる(というとちょっと大げさだけど)。サンプルをちゃんと前に出しているのもわかりやすい。

d588d8d9ef9e6df31a1fbde277379d15_f84c4615cc65f941e4950c1f7fe4d748

値段でいうと、エンポリアムやエムクオーティエのフードコートと同レベルですが、私は絶対にEATHAI推し。よく考えぬかれたフードコートだと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です