タイは薬が安い!? 我が家の常備薬はこれです

da8efd9fcce49208ad3e3f4e8257e03a_214700a38f145f41c8d8e7d5f9cb2e0b

最近、風邪を引いたので、この薬を飲んで直しました。

GOFEN400です。

これは効くね。イブプロフェン配合の解熱鎮痛消炎剤なんですが、熱やのどの痛み、炎症にも効果があります。飲んで寝たら、「あれ。良くなっている」という実感があるからすごい。あまり眠くならないし、絶対に欠かせない我が家の常備薬です。

問題はカプセルがでかいこと。ヘタすると喉に引っかかるので要注意。

もう一つの常備薬がMIRACID。これも本当によく効きます。何ヶ月かに一度は胃がしくしくと痛くなっていますが、これを飲むとすぐに胃痛が消える。素晴らしい効果だと思うな。ガスターよりずっと上だ。

51986b04c0603e46b8b0bd52b4d5e7a4_f64b80b8b7a93aba853151f19b09907f

なぜに日本で売っていないのだろう。本当に不思議。

気になるお値段ですが、MIRACIDは14カプセル入りで100バーツ。GOFENは10カプセル入りで確かやはり100バーツだったと思います。日本円にしたら330円程度だから格安。

あと、タイで安いと思う薬はパラセタモール。成分からいえば、タイレノールと同じです。コンビニのレジ付近で売っていますが、10錠で32バーツ。タイレノールは日本で買うと20錠で1000円ぐらいなので、ざっと4分の1ですか。こういう大衆薬ってタイは本当に安いなあ。

ea80cd1f7f0e0ecd4a7ef4e78d4d669b_cc95d764e54a5ce14f9e5899777610b4

医療制度があまり手厚くない分、こうした薬を安く販売しているのでしょうが、日本も多少見習った方がいいと思うよ、ホント。多分、町医者の反対があってそうもいかないのでしょうが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です