ライパーリーはライブラリーのことだった。タイ語的英語の発音は難しい

a1c2c5ba89a696bb8d5b1cb3cf0808bb_d23270b610bf534c769814db9842ece0

スクンヴィットのソイ24を通るときに見かける看板が前からずっと気になっていました。

ไล-บรา-รี่ (ライパーリー)

そう書いてあるんですよ。何の看板だろう?何の店? わざわざカタカナがふってあるということは日本料理屋?

違いました。判明しました。ライパーリーとは、Library Cafeのこと。要するに、ライブラリーをタイ語風に読むと、ライパーリーになるわけです。

ソイ24からちょっとだけ入って先にある喫茶店で、白い壁と木目のバランスがいいカンジの空間でした。席もゆったり。バンコク、こういう店がホント増えてきているなあ。

看板を撮り忘れたのでナプキンを撮りました↓ 確かに読みは「ライパーリー」だ。

67dc7670ad978b177c392ff740785e6b_d0a8b39a5f9a0ee5d60ac50f1e230b52

Library Cafeだけあって、この店は雑誌が非常に充実していました。日本の女性誌なども豊富に揃っていたので、コーヒーを飲みながら読書の時間をいくらでも楽しめそう。

 4a901c7fab9a48cd8150577d0d7f78ea_b83f3da93fe1e74348c640874c882f3e
それにしても、ライブラリーが「ライパーリー」になるとは。セントラルワールドは「センタンウォー」だし、セブン-イレブンは「セーウェン」だし、コンピューターは「コンプーター」(語尾上がる)だし。いろいろタイ語風発音は難しい。でも、少しずつ慣れてきたかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です