休日・祝日にはご注意!薬剤師がいないとタイでも薬は買えません

8036cc8538f44fc42eb1d2978ab6f55e_aa26da1043c9fdde10f932d095982750

大晦日に夕食を食べ過ぎて(…)、胃がきりきりと痛み始めました。年末年始にかけてホテルに滞在しているんですが、私の常備薬MIRACIDを持参してきていないため、これはもう買うしかない!! だってホントに痛いだよ(T_T)(MIRACIDは私には本当に効きます。この記事参照)。

で、ホテルに近いアマリンプラザのブーツに行ったところ、「薬剤師がいないため販売できない」。ああ、そうだった。前も日曜日に別のブーツの店に行って薬を買おうとしたら、やっぱり薬剤師不在で買えなかったっけ。

アマリンプラザには薬屋も一軒入っているので、そちらに行ってみたら、「MIRACIDはいまない。ジェネリックじゃない純正の薬ならあります」だって。純正の薬はMIRACID(80バーツ)の10倍近くしました。冗談じゃないよ。

困ったなあと、ダメ元でセントラルワールドの中にあるブーツに行ってみました。この選択は大正解。世界中から観光客が訪れるこの店は、元旦でも薬剤師がちゃーんといるんですよ。

無事、購入できて、私の胃も一安心。おかげでかなりおさまってきました。MIRACIDさまさまです。

というわけで、薬がほしい!でも、今日はタイの日祝だ!困った!なんてときには、確実に薬剤師がいるブーツのセントラルワールド店をオススメします。混んでるけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です