日本人に大人気、NaRaYaの商品開発力に脱帽です

e2f8f29e8579ee53174652dc70b909b6_f4b3d8114149ca9114b305e4405a34c3

バンコクを訪れた女性観光客なら一度は行っているのではないか。それほどの人気店がNaRaYa(ナラヤ)です。

コットンやサテンを使い、リボンをシンボルにあしらった可愛い小物やバッグは、価格の手頃さもあいまって(30バーツ〜600バーツほど)、大量まとめ買いをする女性客が跡を絶ちません。日本人だけじゃなく、中国人にも人気のようで、今日もスクンヴィット24店では、レジで30個以上の小物を買っている客に出くわしました(*_*)

なぜ、こんなにもNaRaYaが人気なのか。それは、生活シーンに密着した商品開発力も大きいように思うのです。

 949758ea7eb4c5276177eee715b66ab0_64c4dee0c2384280eb6d2050635a9bdc

例えばこれ。ポケットティッシュケース。なんてことのない商品のように見えますが、このサイズのポケットティッシュを売っている国は、私の知る限り、日本だけ(もしかしたら台湾にはあるかもしれませんが)。タイでも香港でもニュージランドでも、アメリカやイギリスでもこのサイズのポケットティッシュは見当たりません。あるのは、正方形のナプキンもどきの分厚い紙か、妙に小さいサイズのティッシュぐらい。

しかし、NaRaYaには、この日本サイズともいえるポケットティッシュがすっぽりと入るケースが大量に揃えられているんですね。取り口にレースがついているものとかついていないものとか、柄違いなど合わせると、ざっと50種類ほどはありそう。

ポケットティッシュをそのままで使いたくないという女性は多い。だから、日本では専用のケースを売っている。NaRaYaはその需要に着目し、ラインナップに加えたのでしょう。しかも、値段が安くていいやね。

上の画像は30バーツですが、↓は35バーツ。取り口のレース分が差額のようです。

 5eb65d2da3e92655f70f4487bc93c5b4_a496616398caac451bd2a2d545d6fc94

 どっちにしても100円ちょっと。バラマキ土産には最適じゃないですか。

094a5cb420f022fbd667c4141b7633b4_56dc5861646aa13698aee9d90814c53c

このSPAバッグにも感心しました。SPAや温泉に行くときに持って行きたいヘアケアやボディケアアイテムなどがコンパクトに収まります。当然、中は防水加工ですよ。これって、ジムに行くときにも良さそうだし、ホテルの朝食会場に出向くときにも使えそう。値段は150バーツ也。500円ぐらいです。もちろん、日本にもあるんですが、NaRaYaからも発売されているとは思わなんだ。

多分、NaRaYaの開発チームは、客(特に主要な日本人客)がどんなライフスタイルを送っているのか、どんな小物を使っているのか、使いそうなのか、使いたいと思っているのかをきちんとリサーチしているのでしょう。

売り場をじっくりチェックして、見れば見るほど「ほお、こういう商品まで作っているんだ」と感心してしまうNaRaYa。近い将来、東京にも旗艦店を出すと発表しています。すでに台湾やベトナム、香港、マレーシアにも出店していて、撤退したという話も聞かない。ということは、海外戦略はうまくいっているのでしょうか。

だったら東京も?  将来のことはなんとも言えないけれど、私は東南アジアにあるからこそNaRaYaの価値が光る気がします。NaRaYaの柄、色、デザインは東南アジアの気候だからこそ映えるのでは。

もしかしたら、日本に大量にやってくる中国人観光客の需要を狙ってる? とにもかくにも、旗艦店がオープンしたら絶対足を運んでみなければ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です