タイの冷凍餃子は甘いわ、たこ焼き風だわ、で自由すぎる

a838de2d07e1e2e57eb3181b83a2d025_a4c61697e28b215dd424d8f6a8953633

CP社の冷凍餃子を買ってみた。で、早速調理してみて(焼いただけど)驚きました。

甘いんですよ。中の具材が。買ったのはコレです。CP社の一番の売れ筋と思われる「ポーク餃子」。

で、パクチーが少し入っているのかな。クセのある香りがちょっとだけして、基本甘いんだけど少しだけスパイシー。一方、OISHIブランドの「ポーク餃子」は基本、日本の餃子といいたいところだけで、やはり何らかのハーブが入っていて、少しピリッとしました。CPとOISHI、アプローチは多少違うようですが、どちらも味は多少現地化しているようです。

今度、食べてみようと思っているのが、OISHIの「タコ餃子」。

a4b5cc860de3f9bbb56108247da6ebd3_893b2ee47811a654e3f330d8c2385012

パッケージを見ると、餃子にソースと鰹節がかかってるじゃないですか。まるで「たこ焼き」。タコ入りの餃子だから、たこ焼き風に召し上がれ!ってなことでしょうか。餃子とたこ焼き、2つの日本食をいっぺんに味わえるのがウリなのでしょうか。考えることが大胆というか自由すぎる。

ソースがどんな味なのか、タコはどんなシロモノなのか非常に気になる「タコ餃子」。明日、チェックしてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です