タイ人女性と日本人男性の国際結婚はいったいぐれぐらい多いのか!?

5dd0224114b689fe64191becae4a5285_s

日本ほど、女性がいろいろな国の男性と結婚している国はいないのではなかろうか。というのが、かねてからの私の想像。ナミビアにもクック諸島にもイエメンにもシリアにも、現地の男性と結婚して暮らしている日本女性はいたもんね。国際結婚に非常に向いているキャラクターなのだと思います。

じゃあ、日本の男性は?

女性と比べて、どれぐらい国際結婚しているんだろう。すごく少なそうだけれども、タイ人女性と結婚している日本男性はめちゃくちゃ多そう。で、調べてみました。

2013年の人口動態統計から、夫日本人、妻外国人の場合、妻の国籍を多い順に並べると

  1. 中国 40.4%
  2. フィリピン 20.1%
  3. 韓国・朝鮮 17.7%
  4. タイ 6.3%
  5. ブラジル 1.3%
  6. アメリカ 1.2%
  7. その他 13.0%

韓国・朝鮮や中国が多いのだろうとは思っていたけど、フィリピンが2位なのにはびっくり。日本人の男性が外国人と結婚する場合、5人の1人はフィリピン人女性!なんだ。

タイは私の予想ほど多くはないですが、それでも6.3%。かなりいます。注目すべきは、1位〜4位まではすべてアジアの国で、これだけで84.5%あること。日本の男性の国際結婚はほぼアジア女性に限定されるといってもいい。

一方、日本人女性の国際結婚の相手はどこの国か。

  1. 韓国・朝鮮 27.9%
  2. 米国 19.1%
  3. 中国 11.8%
  4. ブラジル 4.7%
  5. イギリス 4.0%
  6. その他 32.5%

1位の韓国・朝鮮が突出して多いのは、特別永住権を持つ在日韓国・朝鮮人と結婚する日本女性が多いからだと思われます。タイ人男性はベスト5には登場していませんが、実態は8位で0.3%程度。「日本の男+タイの女」の組み合わせが6.3%なのを考えると、非常に少ない。

逆に多いのが、アメリカやイギリス人。これは日本の男性にはないパターン。そして、何より目立つのが「その他」が32.5%もあるということ。統計には、日本女性が国際結婚した相手の国籍がすべて出ているわけではないので、真実を知るすべはないのですが、おそらくものすごーく多岐にわたっているに違いない。欧米はもちろん、中南米、アフリカまで、あまり知られていないような国もきっとあるね。

とりあえず、国際結婚に関しては、「アジア偏重の日本人オトコ、アジアから米英まで広く相手を選ぶ日本人オンナ」といえそうです。

それにしても、なぜタイ人・フィリピン人と日本人男性との組み合わせが多いのか。2つの国の女性には共通点があるように思います。私の独断で言うと–

  1. フレンドリーで愛想がいい(特にフィリピン)
  2. 小柄で可愛い
  3. 見た目が若く見える
  4. 日本人との結婚が豊かな暮らしを意味している

最後にあげた「豊かな暮らし」については、タイやフィリピンの経済力が上がる一方で、日本人男性の経済力が弱まっているので、今後はどうなるのかわかりませんが、小柄で若く見えて明るい女性たちは日本人男性のツボにはまるようなので(コンプレックスを感じずに済むというのもアリかな)、これからもタイ人フィリピン人を妻にする日本人男性が大きく減ることはないでしょう。

e4adc57a56f3c8aa6b2215823f993483_s

ちなみに、日本人女性がなぜ、世界の男と結婚できるのか、について考察している記事を前に読んだことがありました。うろ覚えですが、その内容は–

  1. 現地の料理に対応できる(舌が保守的じゃないので食べるのも作るのもOK)
  2. 生活習慣に馴染める
  3. 宗旨替えも楽々
  4. 一族郎党がやってこない

というものでした。要するに、日本のオンナには柔軟性があるってことですね。一族郎党がやってこないという理由には笑った。親戚がわらわらとやってきて住み着いて〜ということがないので、現地の人に嫌われないから結婚も反対されにくいというわけです。日本人からすると、異国の地にわざわざ親戚が行って住みついたりしないよと思うのですが、世界にはそうじゃない国がたくさんあるんだね。

それにしても、日本女性がどれぐらい世界の国を「国際結婚」という形で制覇しているのかを知りたいものだ。どこかに元データがないかなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です