ドンムアン空港の国内線新ターミナルにIndex Living Mallができていた

IMG_9553

チェンマイでの取材のため利用したドンムアン空港国内線新ターミナル。ここは予想以上に充実した施設でした。

施設の陣容についてはまた別途紹介するとして、私がびっくりしたのは、家具店のIndex Living Mallが出店していたこと。売り場は小さいけれど、まぎれもなくIndex Living Mall。花やバッグ、絵、クッションなどインテリア小物を販売していました。もしかして新業態?

タイに住んでいる人にはすっかりお馴染みのIndex Living Mallは、売り上げ37億バーツ(2014年)の巨大企業。これはホームファニシング市場の4%にあたるとか(Euromonitor調べ)。2014年には、テスコロータスと組んで、新タイプのコミュニティモール「The Walk」を立ち上げています。

ホームページを見ると、Index Living Mallのほかに、Index Living Funitureという業態があって、「The Walk」はこちらに入るようですね。で、空港内の店はIndex Living Funitureにくくられてました(Index Living Funitureは都市型の店舗なのでしょう。セントラルワールド内の店もこのくくりでした)。

hilight-fanchise1
Index Living MallのHPより

このIndex Living Mall。現在は、製造小売型の企業ですが、もともとは家具の下請けのメーカーで、主なクライアントはIKEAや日本のアイリスオーヤマなど。OEMで実績を重ね、技術や企画力を磨き、2002年からは小売にも進出。現在の地位を築いたというわけです。

海外進出も熱心ですねー。インド、インドネシア、UAE、ロシアに進出していて、マレーシアではイオンと手を組んで展開中。イオンはカンボジアやベトナムにも出ているから、そちらでも提携して店舗展開、なんて可能性も考えられる。

Index Living Mallは日本でいうと、ニトリのような企業だと思うのですが、ニトリが進出しているのは今のところ台湾のみ(でもすでに17店も出している!!)。ニトリは、ベトナムとインドネシアに自社工場を持っているので、そのうち東南アジアにも出てきてもおかしくはない。ホームファニシング業界、これから面白くなりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です