ホーチミン郊外のスイティエン公園、そのシュールな世界観は圧巻です

IMG_0058

私がホーチミンに行くことを知った友達から、ホーチミンには世にも珍しいテーマパークがあることを伝えるメッセージが届きました。なんでも仏教がテーマの奇怪な公園らしい。「それは行かねば!」と足を運んだスイティエン公園。これがもうすごかった。

聞きしに勝るといいますか、百聞は一見にしかずといいますか。とんでもない迫力とシュールな世界観。仏教テーマのアミューズメントパークってホントにこれでいいのかよと思いつつ、楽しい時間を過ごすことができました。Kさん、教えてくれてありがとう!!

まず、行き方から。ベンタイン市場前のバスターミナルから19番のバスに乗ります。料金は一人6000ドン。乗ると車掌さんが集金に来ます。バスの本数はとっても多いので、あせらなくても大丈夫(あ、行っちゃったと思ったら、5分もしないうちに次のバスがやってきました。午前11時頃)。

バスに乗ること約1時間。終点ではないので、google mapを見ながら乗り過ごさないように注意してましたが、巨大な建造物が見えてくるし、たくさんの人がここで降りるので、乗り過ごす心配はまずなさそう。

IMG_0025

これが入り口。入場料は大人9万ドン。アトラクションは別途かかります。

IMG_0028

IMG_0026

入り口近くにあった「お金を口にくわえたカエル」の像。このモチーフ、たびたび出没します。

中に入ると次々に登場する不思議な仏像や動物像の数々。かと思うと、スノーキャッスルなんて洋モノも登場。違和感なく溶け込んでいるのがスゴイです。以下、画像をどうぞ。

IMG_0043

全体的に色の使い方や龍のあしらい方などは、台湾・高雄の蓮池潭によく似ています。

IMG_0057

私が子どもだったらうなされると思うな。

IMG_0045

上の画像の右側に立っているのが雪の城。いきなりディズニーランドですよ。

IMG_0053

象、蛇、亀、カエルだのいろいろな動物が出てきますが、一番ヘンだったのが下の写真の猿。わかりますかね。これだけ毛がふさふさしてるの。妙です。

IMG_0050

IMG_0033

何度も出てくる「コインをくわえたカエル」。説明書きも何もないので意味不明。ふてぶてしい顔がいいね。

IMG_0038

亀のぱっちりお目目が愛らしい。

IMG_0064

象の口。柔らかい布製のように見える作り。鼻のシワがリアルかも。

この公園には、ジェットコースターやクライミング、観覧車もあります。ワニ釣りというアトラクション(?)もあり。

IMG_0069

といっても、釣り竿に生肉をつけて、ワニに食べてもらうというたわいのないアトラクション(エサ代3000ドン)。ワニたち、のんびりしてましたね。

アトラクションはあるけれど、ベトナム人がこぞって利用している様子もなく、みな、ピクニック気分で1日をのんびりと過ごしにやってきている様子。特定のアトラクションにわーっと殺到する、という傾向はベトナム人にはないようです。

ホーチミンから1時間で、こんな異世界を堪能できるなんて。奇界遺産のシュールさ、やはり体験するのが一番でしょう。ホーチミンに来たら必見です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です