タイと日本のIKEA、値段を比較してみました

東京に部屋を借りたので、そこに揃える家具を一から揃えなくてはなりません。ああ、出費が痛い。できるだけコストを抑えるためにはどこで家具を調達すべきか。調べてみると、やっぱり安いのはIKEAなんですね。

例えば掛け布団。いっちばん安い「MYSKGRAS」はなんと599円ですよ、599円。冗談みたいなプライスですが、評判は悪くない。なんといっても洗濯機で洗えるのがイイネ。

スクリーンショット 2016-04-13 23.21.27

これ、タイでいくらするのか見てみたら199バーツ。1バーツ3円で計算すると約600円。ほぼ日本と同じです。でも、ちょっと前の1バーツ=3.6円の時代だったら720円だよ。円高って素晴らしい。

malm-bed-frame-high__0415607_PE578085_S4

いいなと思っている「MALM」のベッドフレームは日本では1万7990円。120cm☓200cmのセミダブルサイズです。これがタイでは6090バーツ。1バーツ=3円で計算すると1万8270円。多少、タイの方が高いとはいえ、そう大きな違いではありません。

目を疑うような安さのダイニングテーブルと椅子(4脚)のセット「JOKKMOKK」は、日本では1万4990円、タイでは4990バーツ。1バーツ3円だと1万4970円で、ほとんどいっしょ。

スクリーンショット 2016-04-13 23.22.32
これで1万5000円を切るとかあり得ない(@_@)

でも、これが1バーツ3.6円だったら? 約1万8000円ですよ。3000円もタイの方が高くなる。

つまり1バーツ=3円が指標だということですね。IKEAで買い物をする場合、1バーツ3円以下ならタイの方が安く、3円以上なら日本で買った方が断然安い。ということは、ちょっと前までは日本の方がずっとずっと安かったわけです。長く3.5円前後をうろうろしていたんだから。

果たして、昔のように1バーツ3円を切るその日がやってくるのだろうか。円を稼いでいる私には重要な関心事。期待を込めて見守りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です