タイ人がこんなにバオバオのバッグが好きだなんて!改めてびっくりです

イッセイミヤケが考案したバオバオのバッグ。三角形のピースを組み合わせた、あの特徴的なバッグがタイで大人気だとは知っていましたが、改めて観察してみると、本当に持っている人が多い!!

41_R1_AG201_01

すべてが正規のバオバオのバッグとは限らないけれど(パクリを売る店も多いので)、ともかく、若い女の子から年配の女性まで幅広い層が持ち歩いています。この氾濫ぶり、何かに似ているなと思ったら、2000年代前半の日本を覆ったヴィトンブームだ。

baobao3

わかりにくいですが、右はバオバオ(風?)バックパック。

baobao2

右がバオバオ(風?)。いちいち(風?)と書くのは、私に真贋を見抜く目がないため^^;

baobao1

これは本物っぽいけど、わかりません。ともかくバオバオ的ではあります。

と、このように1時間ほど見ていただけでバオバオのバッグを持った女性が次々に通り過ぎます。ブレイクしたきっかけは、タイの王女さまが公式行事で手に持っていたこと、らしいのですが、それは2012年頃のことなので、もうこれはブームじゃないね。「定着」の域に達したと見ていいでしょう。イッセイミヤケのバオバオのバッグはタイにしっかり根付いております。

人気があるだけに模倣品の店もとっても多い。人気商売の常、ともいえますが。例えばこれ↓

baobao4

バオバオのバッグは5万円〜10万円近くするのですが、こういうお店だと10分の1以下。ただし、やはり軽さや柔らかさが違います(な気がする)。

最近は、中国人にもバオバオの人気が広がっているとか。アジア人の心をくすぐる何かがあるのだろうか。プリーツプリーズといいバオバオといい、イッセイミヤケの造形美ってすごい。掛け値なしの日本発グローバルブランドです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です