IKEAのサービス、良い点悪い点、気づいたこと

東京滞在用に借りた部屋は、コスパを考え、IKEAで備品の多くを(といっても必要最低限)調達したのですが、その際、Tokyo-Bay店(旧船橋店)で実施しているメールショッピング・サービスを利用しました。

スクリーンショット 2016-05-27 2.01.09

で、気づいた点をまとめました。まず、良かった点から。

メールショッピング・サービスは、まずサイトから商品を選び、ショッピングリストを作成してPDFに保存した後、専用の申し込みサイトから申し込みます。この手順は難しくありません。

スクリーンショット 2016-05-27 2.01.18

申し込みを済ませると、先方から、発注した内容の見積書を添付したメールが届くのですが、次のようなお知らせが記されていました。

本来見積もりのご連絡と決済のご連絡を同時に差し上げるのですが、今回配送料金が高くなってしまうため、見積もりのみを先に送らせていただきます。
商品点数が37点と20点を超えますため、一段階料金が上がっております。(20点、150Kgまでは5,990円)

お客様にお送りいただいたショッピングリストも添付させていただきますので、ご検討の上メールにてご連絡よろしくお願いいたします。
このままご購入であればお返事いただき次第、決済用のメールを送らせていただきます。
何点か数量を減らされるようでしたら、お見積もり内容を変更して決済のご案内を差し上げます。

要 するに、私が注文した点数と重量だと、配送料金が一段落上がって高くなりますよと知らせてくれたわけです。注文のままだと配送料金は7480円。点数を減 らせば5990円になる。配送料金を下げるために品数を絞るか、このままでいくか。猶予タイムをくれるなんて親切ではないですか。

通常のECサイトだったら、このやりとりはなくて、あっさり高い料金で決まっていたと思います。メールショッピング・サービスという方法だからこその配慮。これは正直、ありがたい。

結局、37点を20点に減らすのは無理と判断し、配送料金は必要経費と割りきって、このままの注文でいったのですが、IKEAのこのサービスは顧客本位だと感じました。

次に悪い点。これはもう、断然、「注文したテーブルに脚が入ってなかった」こと。いざ、組み立てようと箱を開けたときの衝撃ときたら‥。あるべきモノがそこにない。狐につままれたような気分でした。

さらに、その後の対応もひどい。水曜日の午前中に「脚が入ってない」と電話をしたら、「申し訳ありません。最短で日曜日に新しい商品をお届けします」ときっぱり言われました。もう、有無をいわさず「日曜日」だ。在庫があるのは確認したのに。

午前中に電話をしているんだから午後に配送の手続きをして、翌日木曜日には届けることぐらいできるだろうと思いましたが、それはどうも日本人的感覚なのかな。IKEAに望んではいけないようです。

脚なしのテーブルは配送業者に引き取ってもらい(もちろん着払い)、代替品にまた脚が入ってなかったらどうしようとビクビクしながら開封。今度はちゃんと入っていて、無事テーブルは完成しました。ちなみに丸いテーブルです。

スクリーンショット 2016-05-27 2.05.46

良い点悪い点あったけど、メールショッピング・サービスはやっぱり便利。車がない我が家には非常にありがたいサービスです。レンタカーを借りても配送料ぐらいはかかるしね。また利用すると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です