バンコクでiPad miniの液晶画面を修理するならスアパープラザへ!

昨日、iPhoneの液晶保護シートについて紹介したので、今日は、iPad miniのフロントガラスの修理について。私がiPad miniを不用意に落として、液晶画面にヒビを入れてしまったのはバンコクに来る直前(2014年11月末)のこと。日本よりもタイで修理した方が安いのではないかと考え、割れたiPad miniを携えてタイにやってきました。

ipad
フロントガラス交換ですっかりキレイに

 

タブレット端末の修理ならやはりフォーチュンタウンでしょ、と行ってみたら、意外に高い。一番安い店で1900バーツでした。日本で修理してもらうと、相場は1万5000円前後。それを考えると、フォーチュンタウンの料金は割安といえば割安。

でも、探せばもっと安いところはあるんじゃないか?と、欲を出してもっと安いところを探してみることに。パンティッププラザに入っている店はおそらくフォーチュンタウンより安いことはないだろうと踏み、次に向かった先がヤワラー。スアパープラザという商業ビルの中に、スマホやタブレットの修理を手掛ける店がたくさんあると聞いたからです。

スクリーンショット 2016-06-03 21.22.01

スアパーとはタイ語で洋服のこと。もともとは洋服卸の小さな店が集結したビルですが、いつのまにかスマホケースの店も増え、上層階にはスマホ屋が跋扈。なかなか摩訶不思議な空間と化しています。

でも、修理を受けてくれる店はそう多くない。見かけたのは5店ぐらいかな。値段を聞いてみたら、ほぼフォーチュンタウンと同じ。中には2500バーツという店もありました。うーん、やはりフォーチュンタウンの値段が相場なのか。

最後に聞いてみた店が一番安くて、「1650バーツでやります」。おそらくここが最安でしょうと、お任せしました(ちなみに、2Fの中央付近にあるお店)。あとで、知り合いのタイ人に聞いたら、2000バーツぐらいが相場だと言っていたので、悪くない取引だったようです。やった。

iPad miniを預けるときに受け取りも何もくれなかったので、内心ちょっと不安でしたが、指定された30分後に行ってみたら問題なく受け取れて、悲惨だったiPad miniは新品そのもの。いまも問題なく使っています。

1650バーツは決して安くはないけれど、日本でやるよりはずっと格安。修理をしなくてはならないスマホやタブレットがあって、バンコクに来る機会があれば、こちらで頼むことも選択肢に入れてみては?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です