世界のベスト15都市にタイから2都市がランクイン!

Traver+Leisure というアメリカの雑誌があります。世界中に480万人もの読者を持つ非常に影響力のある旅行雑誌でして、ここが選ぶ「世界のベスト15都市」の2016年版にタイの2つの都市がランクインしていました。

8423_top1

なんだかすごくうれしいぞ、ということで、ベスト15の顔ぶれを紹介したいと思います。

  1. チャールストン(アメリカ,サウスキャロライナ州)
  2. チェンマイ(タイ)
  3. サンミゲルデアジェンデ(メキシコ)
  4. フィレンツェ(イタリア)
  5. ルアンパバーン(ラオス)
  6. 京都
  7. ニューオーリンズ(アメリカ)
  8. バルセロナ(スペイン)
  9. サバンナ(アメリカ、ジョージア州)
  10. ケープタウン(南アフリカ)
  11. ローマ(イタリア)
  12. ベイルート(レバノン)
  13. シェムリアップ(カンボジア)
  14. バンコク(タイ)
  15. クスコ(ペルー)

このベスト15は、都市の魅力、フレンドリーさ、文化、食事の4つの項目を読者が採点した結果。そのランキングの2位にチェンマイが、14位にバンコクがランクインしているってすごくないですか。

Worlds-Best-Cities-Chiang-Mai-WBCITY0516
Travel+Leisureより

ちなみに、スコアで見ると、1位のチャールストンと2位のチェンマイの差はわずか0.41ポイント差。2017年が楽しみです。

日本の京都がランクインしていることよりも、タイの2都市が入っていることの方がうれしい私。すでに心がタイ化しているのかもしれません^^;

ちなみに、このベスト15で私が一番心惹かれたのは、3位のサンミゲルデアジェンデ。このランキングで初めて知った都市ですが、写真を見たらこれは行きたくなるわ。歴史的建造物が非常に多いアートな都市なのだそうです。

Worlds-Best-Cities-San-Miguel-de-Allende-WBCITY0516
Travel+Leisureより

行きたいところは増える一方。時間が足りない、お金も足りない。なんとかしたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です