タイでバレエを観る!

タイに来て、物足りないなあと思うのが文化面。当たり前ですが、歌舞伎や文楽は観られないし、大好きなバレエの公演も少ないようだし‥、と思っていたら、それは私の誤解のようです。歌舞伎や文楽は望むべくもないですが、バレエは年に一度、大きな催しがあるじゃないですか!

スクリーンショット 2016-07-18 22.59.15

それは、今年で18回目を迎えるBangkok’s 18th International Festival Dance & Music。全公演とも会場はタイカルチャーセンターです。

去年は、気がついたのがもう終わりの方だったので行けなかったのですが、今年は大丈夫だ。期間は9月8日〜10月17日。9月の前半はまた東京に行くので無理だけど、残りの期間に観に行ける!!

フェスティバルは、バレエ、オペラ、音楽、ダンスの4つから構成されていて、私が観たいバレエ部門では、ロシアのスタニスラフスキーバレエ、NYのポール・テイラーダンスカンパニー、フランス・エクサンプロヴァンスのバレエ・プレルジョカージュ、ドイツのカールスルーエバレエ団が来タイしてます。

ロシアの名門・スタニスラフスキーバレエの公演はちょうど9月の前半で行けないのが残念ですが、そのほかはスケジュール的に問題なし。ちなみに公演内容はー

  • スタニスラフスキーバレエ ‥ 白鳥の湖、ジゼル
  • ポール・テイラーダンスカンパニー ‥ プログラム1、プログラム2
  • バレエ・プレルジョカージュ ‥ ロミオとジュリエット
  • ジュネーヴ・グランテアトル・バレエ団 ‥ カルミナ・ブラーナ
  • カールスルーエバレエ団 ‥ くるみ割り人形

タイでモダンバレエを鑑賞するのも面白そうだし、見たことがないプログラム(カルミナ・ブラーナ)に足を運ぶのも楽しそう。

チケットは公演によって異なっていて、ポール・テイラーダンスカンパニーの場合、 2,500 / 2,000 / 1,600 / 1,200 / 800バーツ。ジュネーヴ・グランテアトル・バレエ団のカルミナ・ブラーナは、3,000 / 2,500 / 2,000 / 1,500 / 800バーツ。これはお得感あります(日本との比較で)。予約はthaiticketmajorで。

ちなみに中国雑技団も公演します。バレエも観たいけど、こっちも一度は見てみたい。生で見たら迫力だろうな。今年は、芸術の秋@バンコクだね!