スーパーリッチは3種類あるって知ってました?

レートの良い両替店として有名なスーパーリッチ。どんどん店を増やして、いまや駅構内にも窓口がありますが、最近、本店に行ってたまげました。スーパーリッチと名乗る店が3種類もあったからです。

superrich.jpg

スーパーリッチといえばオレンジ色の看板でお馴染みですが、ラチャダムリの本店近くにはほかにも支店が2店。スーパーリッチタイランドと名乗る緑色の看板の店が1店、さらには、青い看板のグランドスーパーリッチまであります!

srthailand

緑のスーパーリッチタイランドは、どうやらスーパーリッチと袂を分かち、生まれたお店らしいです。それを機に、オレンジのスーパーリッチは「スーパーリッチ1965」と看板にも入れ、創業の古さをアピールするようになったのかな。

Blgo223
(1965)とわざわざ入れている

こちらの青のグランドスーパーリッチは、どう見ても便乗商法。

grand

スーパーリッチ本店やスーパーリッチタイランドと近い立地に店があるので、便乗して「グランドスーパーリッチ」と名乗っちゃった、というのが私の推察。

ま、利用者としては、店が分離独立したとか便乗したとかはどうでもよくて、レートが良いのか悪いのかが一番気になる点です。そこはぬかりなく確認してきました。

スーパーリッチ1965も、スーパーリッチタイランドも、グランドスーパーリッチもすべて同じ。スーパーリッチ本店近くの支店も同じ。この日はどこも1円=0.3285バーツでした。ちなみにこのレートは、市内の他の店より良かったです。スーパーリッチは本店のレートが良いというのは本当なのね。本店近くの競合店も同じレートに合わせているのかな。

ラチャダムリ通りから道を入ってすぐの場所にあるスーパーリッチ本店は混んでいるので、待つのがいやなら支店や、緑や青のスーパーリッチにいっても問題なし(少なくともこの日は)。

といいつつ、実はレートを見ただけで両替していないワタシ。いまは、楽天銀行に口座を作り、楽天VISAデビッドカードを使って、ATMでバーツを直接おろしているので、両替屋とはすっかり疎遠になってしまいました。どの国に行っても、現地の通貨でおろせてすごく便利。

でも、VISAレートは、りそなVISAデビッドの方が安いようだし、もろもろ考えるとキャッシングの方が安く済むという話もありますね。詳しい人にじっくり聞いてみたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です