コロッケか、はたまたわらじか。これはタイの◯◯です

さて、ソムタムの上にどーんと乗っているこれは何でしょう?

IMG_2243

知らない人にはどう映るのかな。コロッケ?はたまた、わらじとか。

正解はプラー・ドゥクフー。ナマズの唐揚げです。ナマズの身をほぐして揚げたもので、臭みはないです。食感はサックサク。本当にたまらなくサックサクです。

これが私の最近の大ヒット。アリーにある人気店、ソムタムバンコクで頼みました。前にイサーン鍋の店で食べたことがあって、そのときはソムタムといっしょではなくて単体で食べたのですが、最初は「何だこれ、天カスの塊か?」と思いました。

でも、食べると微妙に味がするんですね。なんというか、ふりかけを噛んでいるみたいな風味が。エスニック感は薄くて、日本人には懐かしい魚系の味。これをソムタムと合わせて食べると、固めのパパイヤとさくさくのナマズの唐揚げが非常に楽しいコントラスト。奥が深いよ、ソムタムの世界は。

タイで暮らすようになって、一番変わったのはソムタム好きになったこと。毎日食べてもOKというか。毎日食べたい。味噌汁より食べたい。日本に戻ると、ソムタムが恋しくなります。屋台や店、作る人によってこんなに味が変わるということも知らなかった。ソムタム熱は高まるばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です