改装したパンティッププラザに行ってみましたが‥。

8月8日にリニューアルオープンしたパンティッププラザに行ってきました。約1年の月日と約3億バーツをかけての大改装。どんなITモールになっているのかと期待に胸を踊らせて。

IMG_2468

まずエントランス。確かにキレイになっていました。前が前だったからね、余計にキレイに思えます。

さて、内部。通路が広くなって、1店あたりの売り場面積が広くなってますね。前よりはずっとすっきりしています。

ガジェットが氾濫しているごちゃごちゃ感が好きな人には多少、物足りなくなったかも。

でも、上のフロアに行くとわかりますが、そんなに大きな違いはないです。扱い商品がスマホ関係になっているのは時代の趨勢でしょう。

海賊版DVD・ゲームソフトなどを排したモールになる、という触れ込みでしたが、これはどうか。ちゃんと売っていました。大量に堂々と。隠れてこそこそ売っているわけじゃない。でっかく店を構えてね。ショップカードまで用意されているし。

おまけに海賊版DVDの価格が安くなっていたような。前は1枚100バーツ以上したと思ったのですが、リニューアル後は80バーツ。前からこの値段だっけ?

上から下まで見て回った印象は、3億バーツの予算はいったいどこにかけたんだろう?エントランス?グランドフロアから上の上のフロアまで直行するエスカレーターがなくなっていたので、その撤去費用?

笑っちゃったのが、グランドフロアに大きく掲げてあるモニターに出ていたこの表示です。

IMG_2485

わかるでしょうか。画面がフリーズしているんですわ。いっこうに修理される気配なし。早く直そうよ。

パンティッププラザがリニューアルに踏み切った理由は、閉店する店が増え、売上が大きく落ち込んでいたため。でも、リニューアルを経ても、上のフロアに行けば行くほど、空きテナントが目立つ傾向は改善されていません。外見は確かにピカピカになったけれど、根本的な問題はいまだそのまま。果たして、今後、店は増えていくのか。個人的にはなんとなくパンティッププラザの役割って終わっているような気がするのですが‥。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です