タイはLGBT先進国か!?

バンコクに暮らし始めて、一つびっくりしたのが、トムボーイ(いわゆるおなべさん)が多いこと。カトゥーイ(おかまさん)が多いのは前から知っていたけれど、本当にトムボーイが目立ちます。今日利用した近所のセブン-イレブンの店員さんがそうだったし、昨日入ったMK GOLDの従業員も一人、トムボーイでした。

私の感想としては、トムボーイの仕事ぶりはきびきびしていて気持ちがいい。たまたまそういう人に連続してあたったのかもしれませんが、目端が利いていて、動きが俊敏、仕事が早い。トムボーイって店にとっては働き者のありがたい人材なのでは。

323d9b28f33ce14427d025eacf348143_s

振り返るに日本。LGBTに関してはやはり後進国だと思わざるを得ません。そりゃ、昔っからTVにはおねえ枠があって、とっかえひっかえいろいろな人が活躍してるけれど、カトゥーイの活動範囲は芸能関係、水商売関係、美容関係に制限されがち。タイみたいに、日常生活を送っている中で必ずカトゥーイに出くわすなんてことはない。ましてやトムボーイを見かけることはありません。日本の芸能界でゲイだとカミングアウトしても芸能活動は続けられそうだけど、レズだとどうかなあ。活躍の場を奪われそうだよ。明らかに、ゲイ>レズ、の図式が見て取れる。

その意味ではタイは自由です。銀行にもセブン-イレブンにもブティックにもカフェにも、いろいろな場所にLGBTがいる。昨日なんて、MK GOLDのおっちゃん従業員は真っ赤な口紅をつけてお仕事してました。

本当はまだまだ差別は根強いのかもしれません。誹謗中傷もあるのかもしれません。私はタイの社会の中で働いているわけではないのでホントのところはわかりませんが、表面的には職業選択の自由があるように見える。これって大事。建前を整えるところから社会は変わっていくのだから。

あと4年で五輪を迎える東京、そして日本。五輪には反対でしたが(いまも反対、やらなくていいと思っている)、五輪開催の良い面があるとしたら、LGBTや多様な人種・民族への対応を余儀なくされること。仮に建前だけであっても多様性を許容していく必要が生まれたことですね。それからWi-Fiの整備もね^^;

五輪を機に日本がどう変わるのか。タイレベルとは行かないまでも、LGBTを自然に受け入れる社会への移行を期待したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です