引っ越しを決めました。でも部屋探しはこれからだ

バンコク暮らしをスタートしたのは2014年11月の終わり。早いもので、もうすぐ2年が経過します。

1年ごとに更新してきたコンドミニアムの契約も切れるし、違う町に住みたくなったし、日本人が多いスクンビット圏から脱したい気持ちも膨らんできたし、王様も亡くなられたし(これは関係ないけど)、思い切って引っ越しをすることに。

といっても、部屋探しはこれから。ここ2週間ほどほぼ部屋にこもりっきりで仕事をしていたのですが、それも一息ついたので、いよいよ部屋探しを始めます。

とはいえ、いま住んでいるコンドミニアムは大家さんが知り合いの方だったこともあり、タイでの部屋探しの経験はゼロ。東京ならね、10回ほどこなしてきているので、豊富な経験に培われた自信がたっぷりとあるのですが、こちらではとんと見当がつきません

住みたい町がスクンビットエリア外なので、日系の不動産屋はほぼ使えない。そこで、バンコク滞在歴が長い先輩諸氏に聞いてみました。結果、わかったのは–

  • 不動産サイトなら、DDproperyHipflatがオススメらしい
  • この2つのサイトで検索してエージェントにコンタクトすると内覧できる
  • エージェントには同じエリアで他に良い物件がないかと言っておくと、数件まとめて紹介してくれることも
  • コンドミニアムに直接行って、管理事務所に行けば、空いている部屋を見せてくれる確率大
  • ただし、オフィスがオーナーから鍵を預かっていて、いつでも希望者を案内できるという部屋と、そうでない部屋がある
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-14-23-05-09
こちらはDDproperty
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-14-23-05-20
こちらがHipflat

2つのサイトのどちらもがモノクロなのは、王様がお亡くなりになったため。いま、バンコクの町は黒一色。Webサイトも黒で染まっています。タイの人はセピアの写真が好きではないのは、黒=死のイメージが強烈にあるからなんですね。

しかし、コンドミニアムの画像がすべてモノクロなのでイメージがつかみづらい。Hipflatの方はトップページのみモノクロで、検索画面はカラーでしたε-(´∀`*)ホッ

さて、引っ越しの期限まであと1ヶ月と2週間。10月の終わりから2週間、また東京に行くので、できるだけ10月中に次の部屋を決めなくては。果たして良い部屋が見つかるでしょうか。

ま、期限までに見つからなかったら、当分サービスアパートに住むのもアリだよね、と軽く考えて、部屋探しに臨みたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です