味良し、段取り良し!Sompongタイ料理教室に参加してみた

古くからの友人が社員旅行でタイにやってきました。「タイ料理教室に参加してみたい。市場にも行ってみたい」。そんな彼女の願いにぴったりだったのがSompong Thai Cooking Schoolです

H.I.S.のこのページから申し込めます。市場と料理教室の両方をかなえてくれるなんて、旅行者心をよくわかっているとか言いようがありません。市場、行ってみたいもんね。

市場に行かないコースもあるようですが、私が申込んだのは、市場散策付き・朝9:30〜13:30までの4時間コース。料金は1000バーツです(授業は英語)。

集合場所はBTSのチョンノンシー駅。1番出口を出ると、料理学校の真っ赤なエプロンを着用したスタッフが迎えにきてくれます。指示に従って下に降りると出迎えの車あり。これに乗って料理教室に向かいます。5分もかかりません。

ちなみに今日作る料理は以下の4品

  • ペナンチキンカレー(レッドカレーにピーナッツをプラス)
  • パッタイ
  • ソムタムタイ
  • クルアイカイチュアム(バナナのシロップ漬け)

教室につくと、まずはタイのお茶で一息。全員が揃ったところで近くの市場に出掛けます。この市場、私は全然知らなかったのですが、シーロム通りのヒンズー教寺院の向かい側にあるんですね。小さな市場ですが、野菜も肉もハーブも果物も必要十分に揃っていて、おまけに安い。

img_3826

img_3828

市場には、みんな所定のバスケットを持って出かけます。今日使用する食材についてお店を周りながら先生から一通りの説明があるのですが、これが楽しい。

img_3823

タイに2年近く住んでいて、知らないことはたくさんあるんだなと実感。パンダンリーフの実物も初めて見たし、こぶみかんの使い方、ココナッツクリームとココナッツミルクの違いなどもばっちり学習することができました。

img_3802 img_3810

20分ほどですが市場でのフリータイムもあります。私は全然料理とは関係ないマンゴスチンを買いましたよ、安いんだ。1kg35バーツ。

教室に戻ってからは、3つのテーブルに分かれて料理の準備をしていきます。最初はペナンチキンカレーのペーストづくり。完成までに時間がかかるので、料理番組よろしく、最初だけやったところであとは料理教室の方で準備してあるペーストを使用します。ライムの葉っぱ、チリをスライスしたところで、一人一台用意されているコンロで調理スタート。

img_3844

準備してあるペーストが美味しいのでしょう。驚くほどのうまさ。レストランのカレーみたい。こんなに簡単にできるなんて。作ったら、ごはんをよそってもらっていただきます。

あれ、でも残り3品はどうするんだろう。このカレーだけでお腹一杯なんだが、お持ち帰りかな。と思ったら大違い。作ったものはすべて食べるのです。

カレーの後は、ソムタムタイとパッタイづくり。一度、あの専用の器具クロックソムタムを使ってみたかったので、調理するのが楽しいこと。夢中で写真を撮り忘れましたm(_ _)m

パッタイで使うソースもすべて手作りです。チリパウダー、白砂糖、パームシュガー、ナンプラー、タマリンドペースト、オイスターソースの6種類で構成されているんですね。でも先生いわく「市販のパッタイソースを使えばそれでOK」。こういう押し付けがましくないところがうれしい。

img_3853

下が3品が完成したところ。一番右のマンゴーは教室からのサービス。ソムタムタイのてっぺんに乗っているトマトは、薄く向いた皮をくるくると巻いてバラのように仕上げています。

img_3858

どれも美味しかったのですが、とりわけパッタイ激ウマ。これまでパッタイは買い求めるか外で食べるばかりで、自分で作るなんて考えたこともなかったのですが、これなら作れるなと思いましたよ。しかし美味しいので、結局ほとんどたいらげてしまいました。2食分食べたことに(;´∀`)

料理をすべて作り終わったのが13時半。そこから食べて教室を出たのが14時ころでしょうか。あまりに夢中になっていたので時間が経つのが早いこと。友だちも満足してくれて、充実した4時間でした。

このSompong タイ料理教室の良いところは–

  • 市場で食材を直に見ながら説明をしてもらえる
  • 段取りが無茶苦茶良くて、先生の説明を聞き終わって各自の席に戻ると、必要な食材すべてがきっちりと用意されている
  • 先生の話が楽しい。シンプルな英語なのでわかりやすい
  • スタッフがみなフレンドリー
  • レシピ本が力作、すごくよく出来ているのでこの後も使える
  • レシピがいいのか、出来上がる料理はどれも美味しい

book

これがレシピ本。オールカラー全42ページ。トムヤムクンやグリーンカレー、トムカーガイ、パッガパオなどメジャーなタイ料理はほぼ網羅しています。

img_3877

この教室では日替わりで作るメニューが変わります。なので、リピーターも多い模様。気持ちはわかる。今度は市場見学なしのコースに参加してもいいかも。旅行者にもタイ在住者にも楽しめるアクティビティだと思いました。

この機会を作ってくれた友人Nさんに心から感謝です。

2 thoughts on “味良し、段取り良し!Sompongタイ料理教室に参加してみた

  1. 旅先で その土地の料理教室に参加できるなんていいですね。しかも市場でいろいろ教えてもらうなんて2度も3度もおいしいかも。とても興味あるコースです。
    「こぶみかん の 葉」はエスニック料理などのレシピで目にするのですが実物は未体験です。こぶみかん の 実も食べるのでしょうか?

    1. こぶみかんは中身は食べず、葉っぱとみかんの表皮のみ使います。果汁を入れると渋くなるらしいです。そのうち福岡に行ったら、トムヤムクンセット(必要なハーブ調味料全部入っている)を持って行きますねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です