パッタイ屋台のお気に入りができました@アーリー

大好きなタイ料理の一つ、パッタイ。軽食向きというか小腹が空いたときに最適というか、ときどき無性に食べたくなるタイ料理の一つです。

でも、レストランはともかく、屋台はそう頻繁には見当たらないのが残念。と思っていたら近所に超絶お気に入りのパッタイ屋台ができました。

パッタイ

その屋台は夕方から出没。場所はBTSアーリー駅そば。ソイパホンヨーティン7の入り口近くにあります。

なんだかずいぶん人がたかっているなと思ったら、パッタイの屋台でした。夜に通っても行列ができているし、えらく人気の模様。これは食べてみないわけにはいきません。パッタイだし。

注文をしてから待つこと約15分。もうちょっと待ったかも。手際よく作ってはいるのですが、なにせ注文が多いからなかなかできない。

でも、待っている間にパッタイの調理過程をしっかりとこの目におさめることができました。いままでちゃんと見たことがなかったので、実に興味深い。

まず大量に麺を入れ、水を加え、専用ソースをかけてから炒めた後、いったん麺を取り出すんですね。で、鉄板をいったんきれいにしてから、人数分の卵を分けて割り入れ、卵の上に各種具を乗せ、一人分の分量の麺をその上に乗せてからほぐして炒めてできあがり。

img_4783

この屋台は親子(お母さんメインで、娘と息子がアシスト)でやっていますが、その分業体制のスムーズなこと。リズミカルに調理が進んでいきます。

ちょっと驚いたのが、使う油の量でした。あんなに惜しみなく油を使うんだ…..。とは思ったものの、できあがりは美味しそう。

パッタイ

食べてみると、本当に本当に、これまで食べてきたパッタイの中で一番の味でした。けっこうベッチャリしているパッタイって多いじゃないですか。

でも、この屋台のパッタイは麺の食感はもちもちです。もやしはシャキシャキ。麺と具とソースのからみぐあいもバッチリ。油は確かに大量に使っていたけど、軽やかに仕上がっている(だから怖いともいえるけど^^;)。だからこんなに人気があるんだ。行列は伊達じゃないのね。

なお、お値段は40バーツ。この味で40バーツかあ。これはやみつきになりそうです。

そうそう。こちらの屋台、相当儲かっていると見ました。だって、作っているお母さんは大きな金のピアスをしていたし、息子はキラキラ光るダイヤのピアスを2個ずつ耳につけてました。

屋台は税金を払っていないというし、1日200食出たとして8000バーツ。あの様子なら、もっと出ているかも。原価率はいくらぐらいかな、1ヶ月何日稼働しているんだろう、すると1ヶ月の売上は‥、お父さんが見当たらないのはなぜ?  などといろいろ考えてしまった私。我ながら下世話だ。

でも美味しいモノを出して商売繁盛は何より。近所にこういう店があって幸せです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です