ヤンゴンのKFC

ヤンゴンのKFCではカレーライスのライスボックスがオススメ!

仕事でヤンゴンに行ってきました。

著しく発展を遂げているヤンゴン。3年前に旅行に行ったときと比べるとずいぶん高い建物が増えていました。何より、ぴかぴかに美しい空港にびっくり。

小奇麗なレストランも増えていましたが、ファーストフードではなぜか定番のマクドナルドが見つからない。でもKFCは進出していたので、入ってみました。

ヤンゴンのKFC

これ、ヤンゴンのKFCです。できたばかりなのか、どこもかしこもピッカピカ。

ヤンゴンのKFC

さて、何を食べようか。

列の前の人が頼んでいたライスボックにしてみました。箱に入っていて、まるでアメリカ映画によく出てくる中華のデリバリー容器みたい。

ヤンゴンのKFC

開けてみましょう。

当然、KFCなのでチキンが入っていることは間違いなのですが、果たしてご飯とどうからめてあるのか。

ヤンゴンのKFC

えー、わかるでしょうか。食べやすい大きさの、さくさくに揚がったフライドチキンがご飯の上に載っていて、そこにカレールーがかかっています。辛くはありません。マイルドでクセのないカレールー。

これがいける。鶏肉はぷりぷりだし、揚がり具合が本当にクリスピー。サイコロ状にカットしてゆでたジャガイモも入っています。それがマイルドさに拍車をかけているカンジ。タイでも思うのですが、東南アジアって鶏肉がうまい。

ランチボックスの値段はドリンクとセットで2700チャット。日本円にして、だいたい220円。私たちからすれば「安い!」と思うけれど、ミャンマーの物価だとまあ普通ぐらい?

大満足のランチでした。KFCはヤンゴン市内のダウンタウンの中心部と、空港の中にもお店があります。なかなかオススメです。機会があればぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です