クラシック映画祭

バンコクのスカラシアターでクラシックな名画9本が上映されます!

ハリウッドの新作をさくさく上映してくれるのはいいけれど、昔の名画も大きなスクリーンで観たいよね。と欲求不満に陥っているバンコク在住の映画ファンも多いのではないでしょうか。

クラシック映画祭

しかし、朗報ですよ。タイ在住の有名ブロガーであるRichard Barrowさんのblogによれば、クラシック映画9本が3月〜12月にかけて、サイアムにあるスカラシアターで上映されます。イベントの名前は「ワールドクラスシネマ」。

それぞれ、月に1日だけ上映されるに過ぎませんが、やっぱり大きなスクリーンでの映画鑑賞は格別です。これぞというものは要チェック。

上映される映画と上映日は以下の通り。(  )はチケット売り出し日です。

  1. 風と共に去りぬ 3月12日(3月3日〜)
  2. 紳士は金髪がお好き 4月9日(3月31日〜)
  3. ドラゴン危機一発 5月14日(5月5日〜)
  4. 理由なき反抗 7月9日(6月23日〜)
  5. 戦場にかける橋 8月13日(8月4日〜)
  6. 2001年宇宙の旅 9月17日(9月8日〜)
  7. 続・夕陽のガンマン 10月15日(10月6日〜)
  8. 屋根の上のバイオリン弾き 11月12日(11月3日〜)
  9. 十戒 12月17日(11月24日〜)

上映開始時間はすべて12時〜。チケットは100バーツ。スカラシアターのボックスオフィスで購入できるとのこと。

変更になる可能生もあるらしいので、Twitterで@ThaiMovieNewsをフォローしておくのが確実のようです。

風と共に去りぬ

私は何を見にいこうか。やはり、「風と共に去りぬ」かな。大きなスクリーンで見ると迫力満点の映画ですわ。どえらい昔に見たっきりの「屋根の上のバイオリン弾き」もいいかも。トポルの演技はもう一度みたい。

ただ、映画のラインナップには多少(いやかなり)不満あり。ジェームス・ディーンの映画なら「エデンの東」が見たいし、ミュージカルなら「ウエストサイド物語」がよかった。大きなスクリーンで見るのなら、「アラビアのロレンス」「七人の侍」とかさ。もっといろいろあると思うんだが、まあ文句は言うまい。

このイベントがラインナップを変えながら、どうか来年も続いてくれますように。できれば、日本でいまやっている「午前10時の映画祭」のようなイベントに成長することを期待したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です