バンコクインターナショナルダンス&音楽フェスティバル

今年の秋もバンコクインターナショナルダンス&ミュージックフェスティバルに行かなくちゃ

今年の秋もまた、バンコクインターナショナルダンス&ミュージックフェスティバルが開催されます。会場はタイ文化センター。もうチケットが売り出しになってますよ。これは絶対に行かなくちゃ。

昨年は、「チャイコフスキーパ・ド・ドゥ」「くるみ割り人形のパ・ド・ドゥ」などの「バレエの夕べ」を満喫しましたが、さて、今年の演目は…!? バレエだけピックアップしてみました。

1. Katya & The Prince of Siam by エカテリンブルク オペラ&バレエ劇場

エカテリンブルク オペラ&バレエ劇場は、ロシアではもっとも古いオペラ劇場の一つ。この演目はバンコクがワールドプレミアなんだって。

チケットは、 4,500 / 3,500 / 3,000 /2,000 / 1,500バーツ。

2. CINDERELLA  by エカテリンブルク オペラ&バレエ劇場

言うまでもありません。有名なシンデレラのバレエ化です。

チケットは、 4,000 / 3,000 / 2,500 / 1,800 / 1,200バーツ。

3. SPARTACUS  by  エカテリンブルクオペラ&バレエ劇場

スパルタカスは、ローマ帝国に反乱を起こした奴隷スパルタカスの物語。私、これ大好きなんです。ボリショイ・バレエでイレク・ ムハメドフが演じたのを見たことがありますが、あれははまり役だった。音楽(ハチャトゥリアン)もいい。紹介動画がないのが残念です。

チケットは、4,000 / 3,000 / 2,500 / 1,800 / 1,200バーツ。

4. LE CORSAIRE  by  バシュキリ州立オペラ&バレエ劇場(ロシア)

バレエのコンクールやガラ公演でパ・ド・ドゥしか見たことがない「海賊」。3幕ちゃんとやるそうです。今年、男子フィギュアのネイサン・チェンがショートプログラムで踊ってましたっけ。

これも見たいけど、紹介動画なし。

チケットは、4,000 / 3,000 / 2,500 / 1,800 / 1,200バーツ

5. BEAUTY AND THE BEAST by マランダン・バレエ・ビアリッツ

美女と野獣のバレエ化。マランダン・バレエ・ビアリッツはフランスのバレエ団。コンテンポラリーバレエの振付家であるティエリー・マランダン率いるダンスカンパニーですね。こちらも紹介動画なし。

チケットは、3,000 / 2,500 / 2,000 / 1,500 / 1,000バーツ。一番安い演目ですね。

6. WEST SIDE STORY

ジェローム・ロビンスの振り付けが最高にクールなウエストサイド物語。オリジナルブロードウェイ・ミュージカルということなので、キャストもブロードウェイからそのままやってくるのかな。

紹介動画はこちら。

私は映画はもう20回ぐらい見ているし、バレエもニューヨーク・シティ・バレエ版を見に行きました。実は、オリジナルブロードウェイ・ミュージカルも東京で何年も前に見ています。

一番好きなのは「クール」ですが、他のナンバーも素晴らしい。レナード・バーンスタインが自ら指揮しているYouTube動画は何度も何度も見ているしと、要するに大好きな大好きな演目です。

チケットは、5,000 / 4,000 / 3,500 / 2,500 / 2,000バーツ。

7. The Taming of the Shrew by シュツットガルト・バレエ団

じゃじゃ馬ならしですね。どこのバレエ団がやるのだろうと思って見たら、シュツットガルト・バレエ団じゃないですか!!! うわー。昔昔、世界バレエフェスティバルで看板のマリシア・ハイデ演じるマノンを見て大感激したことがありました。

シュツットガルト・バレエ団がタイにやってくるなんて、これはすごいことですよ。

チケットは、5,500 / 4,500 / 3,500 / 2,500 / 2,000バーツ。一番高いのは当然か。

9月にはまた東京に行くので、私が見られるのは「ウエストサイド物語」か「じゃじゃ馬ならし」か。どちらに行くか、両方とも見るか。多分後者?

いずれにしても秋が楽しみでなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です